忍者ブログ
FX初心者の方へ取引法、各社比較等FXの全ての必勝法をお伝えするブログです。FX初心者の方は必見です!
ADMIN | WRITE| RESPONSE
FX初心者の方々へ
近年FXは右肩上がりにユーザー数を伸ばしそれに付随して多くのFX会社が誕生しましたがFXの取引形態は『相対取引』ですから取引する当事者間の契約がすべてとなります。つまり業者が提示する価格に対し、我々投資家が同意すれば、それで取引が成立となるのです。そのため、FX会社の口座を選ぶ際にはよく注意する必要があります。もしかしたら、その事業者が提示している為替レートは膨大な利益を取ってる会社かもしれないからです。まあ、最近ではFX会社も多くなり各社も競争があり手数料無料、スプレットの縮小等、色々なサービスを提供しています。FX初心者の方はどこが良いFX会社なのかわからないと思います。私も始めた当初は全くわかりませんでした。ですから「FX初心者の為のFX取引・比較・必勝法ブログ」ではわかり易く各種FX会社をご紹介させて頂いておりFX初心者の方が安心してFX口座をお持ちいただけます。
人気FXランキング第1位
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込◆外為オンライン
外為オンラインは年間取引高No.1で初心者から上級者の方まで幅広く使える大変人気のあるFX 会社で管理人の主要口座でもあります 手数料はもちろん無料!最高水準のスプレッド1銭固定と取引する側にとって大変優位に取引を行えます 。入出金も手数料無料でユーザーにやさしいFX会社であり人気も非常に高い 人気実力共にNo1FX会社です!
人気FXランキング第2位
EMCOM証券 ◆EMCOM証券【みんなのFX】
EMCOM証券【みんなのFX】では”業界最高水準”の取引環境を提供しております!人気5通貨ペアにて脅威の固定スプレッド!レバレッジは9種から選択することができ、最大400倍。また安心の全額信託保全。アクティブトレーダーからFX初心者の方まで多くのトレーダーの皆様の投資スタイルに対応しております。


人気FXランキング第3位
外為どっとコム◆外為ドットコム
外為どっとコムは、<口座数><預かり資産>ともに4年連続No.1のメジャーFX会社です。外為どっとコムはFXの口座数4年連続1位をほこるメジャー会社です。世界のロイターが配信する、主要12ヵ国・地域の経済指標の発表スケジュールとその指標の過去10年分の推移を同時にグラフで確認できる豊富な情報網!移動平均線やMACD、オシレーター系にポイントアンドフィギアなど多様なテクニカル分析が23種類も搭載!
FXキャンペーン
すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」◆MJ スプレッドキャンペーン!
MJでは、期間限定でUSD/JPYとGBP/JPYの固定スプレッドを”さらに縮小”いたします。

USD/JPY 0.8銭 固定 → 0.7銭 固定
GBP/JPY 1.8銭 固定 → 1.7銭 固定
さらにGBP/JPYの取引高に応じて、最大1,000,000円をキャッシュバック!!

[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週に入ってドル円の値動きが停滞している。
過去3日間での値幅は1円に満たない。86円付近では戻り売り、
85円付近では押し目買いが入り、上下とも身動きが取れない状況。
米国債利回りの低下がドル円の上値を抑える一方、
日本の政策当局による円高是正期待が下値を支えているようだ。
来週23日には菅首相と白川日銀総裁が会談を行う予定。
トップ会談の結果を見極めるまで様子見が続く可能性もある。

PR
きょうはポンドが軟調だった。クロス円がジリ高となる中、
ポンド円は133円台前半とこの日の安値圏で揉み合いが続いた。
この間、ユーロポンドは0.82台前半から0.82台後半まで上昇、
ポンドドルは1.56台前半から1.55台半ばまで下落した。
明日18日には8月5日の金融政策委員会(MPC)で英中銀が政策維持を決めた際の議
事録が発表される。
MPC終了後に発表された四半期インフレ報告がハト派寄りだったため、
事前に議事録が警戒されている面もあるようだ。
キング総裁は11日、インフレ報告発表時の会見で金融政策を双方向に動かす用意
があると表明、
追加緩和の可能性に含みを残していた。

欧州通貨はほぼ往って来いの展開だった。
ユーロドルは一時1.28台後半まで買われたが、NY時間午後には1.2800付近まで反
落した。
ポンドドルは一時、8月12日以来となる1.57台に乗せたが、NY時間午後には1.56台
前半まで
上げ幅を縮小している。欧州はソブリンリスクの再燃、英国は追加緩和期待とい
う爆弾を抱えている。
米金利低下を背景にドルを黙って売れる状況にはないようだ。

13日のNY市場はドル買いの動きが継続した。この日発表になっ
た一連の米経済指標は強弱まちまちの内容で、それら自体への
反応は大きくなかった。ユーロドルは1.27台半ばまで下落。
豪ドル/ドルやポンド/ドル軟調な値動きを示した。

ただ週末ということもあり、前日よりはリスク回避のトーンは
緩かった印象。NY株価も下げたものの、ダウ平均の下げは小幅
に留まっている。それを受け円相場は円高の動きが一服し、
ドル円は86円台前半を回復、クロス円も底堅さが見られた。

◆ドル円、好条件の雰囲気に10日線突破
ドル円はNY時間に入って86円台を再び回復している。リスク回避
の動きがやや緩んでいたとはいえ、後退しているわけではない。
円買いは一服だったものの、ドルは底堅く推移している状況。
ドル円にとっては好条件だった。東京時間にレジスタンスとなっ
ていた86.20を突破し、ストップを巻き込んで一時86.35近辺まで
上昇している。きょうの上昇で、ドル円は10日線(本日85.85付近)
を突破。水準を維持できるかが目先は注目となりそうだ。

10日の海外市場ではドル円、クロス円ともに下落。米国市場の序盤まで
は、FOMCを控えたポジション調整の動きが中心となり、ドル円は85円
半ばから86円の間での揉み合いとなった。その後、FOMCの声明で住宅
ローン担保証券(MBS)の償還金を米国債に再投資するとの追加緩和策や、
景気回復ペースの鈍化見通しが示されたことからドル売りの流れが
強まり、ドル円は一時85円前半まで水準を切り下げた。

本日は、米6月貿易収支や米7月財政収支の発表が予定されている。現在
の為替市場は、アメリカの経済指標に敏感に反応する地合いが続いており、
内容次第では最近のレンジを抜ける動きとなる可能性もあるだけに、
経済指標の内容には十分に注意したい。
ドル買い戻しが優勢の中、ユーロドルは1.32台前半まで調整している。
先週末の雇用統計発表直後に1.33台に乗せたものの、その後は動
きが続かず、伸び悩む動き。

6月初めに1.18台を付けて以降、リバウンドが強まり、欧州ストレステ
ストも無事通過、ユーロドルは巻き戻しが続いている。しかし、その動
き自体もそろそろ一段落してきたようにも思える。先週発表になった
投機筋によるIMM通貨先物の建玉残は8月3日時点で7297枚の売り
越しとなり、前週の21339枚から大幅にショートポジションが減少して
いる。3日以降のユーロドルの動きからすると、更に売り越しは減少し
ているものと想像される。5月11日に113890枚の売り越しを記録し、
そこから15分の1まで縮小した。そろそろショートポジションの巻き戻し
自体は終了していると見ていい。この先、更なる上昇には、新規にロ
ングポジションが必要となるが、それには、ドル安と同時にユーロ自体
の強い材料も必要になるかもしれない。
6日のNY市場はドル売りが優勢となった。この日発表された7月の
米雇用統計が予想を下回る弱い内容だったことから、今週、市場
に広まっていた来週のFOMCでの緩和策協議の観測を、より一層
強めている。金融政策に敏感な2年債利回りが0.5%を割り込み、
過去最低水準を更新するなど、市場は追加の金融緩和を織り込み
に行く動きを強めている。為替市場でもドル売りが強まった。

ドル円は85円ちょうど近辺まで下落し、ユーロドルは1.33台に一時
上昇している。

円相場も指標発表直後はドル円下落と伴に円買いが強まったが、
NY株が後半になって下げ渋ったことから、ユーロ円中心に戻す動
きが強まった。金融緩和期待は強まっているものの、足元の企業
業績が好調なこともあり、リスク回避の雰囲気が強まる状況にまで
には至っていないようだ。
米新規失業保険申請件数が予想を下回るネガティブな結果となりドル売り優勢。対円でドルは85後半まで下落。ユーロは低金利維持の姿勢が示されたトリシェ総裁の発言が重石となり、対円で一時112円後半を取引。米株式市場も新規失業保険申請件数の悪化を受け、終日軟調な取引。午後に入り、雇用統計を控え調整の買い戻しから株価の下げ幅は縮小されたものの、マイナス圏からは抜けきれず。一方、原油が82ドルを維持していること、またカナダの財務相が同国の通貨に強気な見通しを示したことなどが好感され、カナダドルは堅調な推移。
4日の海外市場ではドルが全面高。米連邦準備制度理事会(FRB)による
量的な金融緩和見通しなどを背景に、ドル円は85.30円近辺で低迷して
いた。しかし7月の米ADP民間雇用者数が予想以上に増加し、7月の米ISM
非製造業景況指数も予想を上回ったことから、ドルの買い戻しの動きが
優勢となり、ドル円は86.30円付近まで上昇した。その後は6日の米雇用
統計を見極めたいとの見方が強まったことから、揉み合いに終始した。

本日は新規失業保険申請件数の発表が予定されている。このところの
指標発表では米雇用情勢の改善が示され、ドルが買い戻されている。
ただこの指標の内容次第では上下に大きく動くことも予想されるので
指標結果には注意したい。
3日のNY市場はドル売りの動きが続いた。この日発表になった一連
の米経済指標が弱かったことや、ウォール・ストリート・ジャーナル紙
(WSJ)が、来週開かれるFOMCで、償還を迎えるMBSなどの保有証
券について、景気下支えのため受け取った投資収益を再び新たな
MBSや国債の購入資金として投資することを検討すると伝えていた
こともドルの重石となった。

ドル円は一時85.70近辺まで下落し、ユーロドルは1.32台で底堅く推移
している。

NY連銀は市場から流動性を吸収するリバースレポ(証券買い戻し条件
付売却)を明日4日から実施すると発表。緩和とは逆の動きではあるが、
政策変更を意味するものではないと強調していた。

バランスシートを段階的に縮小させる代わりに、上記のように、場合に
よっては発動できる新たな緩和策を検討する可能性も指摘されている。

ドル円が一時85.70近辺まで下落しており、依然として下押し圧力が根強
い。この動きに一部では日本政府が日銀に対して、国債の買取増額など
更に緩和圧力をかけるのではとの見方も出ている。ただし、今回のドル円
の下落は、景気の先行き不透明感の強まりによる円高というよりも、
米FRBの慎重姿勢を起因としたドル安が主因。日銀の尻を叩いても効果
は薄いようにも思われる。


ブログ内検索
1億円を掴む奥義!!
月給1憶円のトレーダーを月々5000円で雇えるとしたら?


FX初心者が1億を狙える夢のデイトレード!
1000%FX
FX初心者貧乏脱出バイブル!
半年間で17.8%の利益を稼ぎ出した簡単システムトレード! fx_million_tkuz

ほくほくFX


現役証券アナリスト町田絢美が唱える!ドル/円専用!町田式ファンダメンタルズFXシステムズノウハウパック


ロンドンの元ファンドマネージャー杉田勝がトレード法を公開! FXセミナー&為替予想 FXで稼ぐ・儲ける!FXスクール
口座を選ぼう!
口座を開設しようとしてる方必見!
自分に合った口座がみつかる比較サイト
FX 初心者

FX比較サイト FX情報ナビ
Blogランキング
プロフィール
HN:
shima
年齢:
40
性別:
非公開
誕生日:
1977/07/07
職業:
トレーダー兼事業家
趣味:
スポーツ観戦
自己紹介:
皆様こんにちは
shimaと申します
私の投資法は主にシステムトレードです。いくつかのモデルからトレンドに合ったモデルを選択し運用していき
テクニカル分析やチャート分析を駆使してキャピタルゲインを狙います。また、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析に基づいた裁量トレードも行います。
どうぞ宜しくお願いいたします

【このサイトはページランク4です。】
お気に入りに追加
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[02/11 sasuke]
[11/04 相互リンク依頼]
[11/04 相互リンクのご依頼]
[08/13 shima]
[08/13 だるま猫]
アクセス解析
メルマガ登録
メルマガ登録・解除
 
フリーエリア
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ | [PR]
売れ筋ランキング
管理人が利用しているFX会社
レバレッジ最大400倍!!
EMCOM証券

年間取引高No1 すべてが最高水準!!
外国為替証拠金取引の外為オンライン
為替レート
経済指標カレンダー
政策金利